立て直し優勝を果たした箇所と戯画越えはまた異色だと思う

フィギュアスケート選手の羽生結弦さんが、スゴイ快挙を成し遂げました。
ショート5程からフリーではイヤッ粗相で加点有りまくりの優秀スケーティングを紹介し、320企業越えの得点をたたき出して優勝したのです。
そのケースに安心する意見は数多く、ツイッター等では名声を讃えるメッセージで溢れていました。
私もテレビで観ながら本気で感動し、涙しそうになったくらいです。
やや心臓がドキドキして、落ち着かなかったです。
ただしこちらと同じように彼氏のスケーティングに安心する自分の中に、ちょこっと気になる事を述べる人達がいました。
「ユーリ ON ICE!!」という男子スケートの業界を描いた戯画の、気違いの自身です。
こういう戯画機会のグランプリ最終でヒロインが319企業という高得点を出しているのですが、そのケースと今回の業界フィギュアを比較する意見が多いのです。
「戯画のヒロインより成績が上記なのは強いね」というのは、普通に褒め台詞だとも思います。
けど戯画に出て来たフェスティバルと今回羽生さんが参列されたフェスティバルは異例なので、いよいよそこを比べるのかという気持ちにもなってしまいました。
それに羽生さんはその戯画が始まる前の時分のグランプリ最終で330企業を出して世界最高記録維持方になっていますから、戯画の成績なんぞはすでに越えていると見まがうのです。
私も好きな戯画では有りますが、とにかく現実のパーソンと比較するのは選手に失礼な気もしてしまう。
それに羽生さんが素晴らしいのは何でも有りきの2度合いのヒロインを超えた事では無く、ショートでミスをして優勝どころか席乗り(メダル堅持)すら難しそうだったのに高スコアで大逆襲を果たした事だと思うのです。
そういった辺りも、ユーリクラスタの人々には理解して貰いたいと感じました。poartacunoasterii.com